2010/12/27

日々


出産から、2週間が経ちました。
私の体力もずいぶん回復し、娘とのペースを手探りながらお互い少しずつ掴んできて、
睡眠不足のなか、新しいことばかりを学ぶ楽しい毎日です。
そして、たった2週間のうちにみるみる成長する我が子を見て、
人間の持つ本来の内なる生命力の強さに驚かされています。

出産1週間後から、日本から母が来てくれていて、家事や毎日の食事を手伝ってもらい、
私は赤ちゃんへの授乳、オムツ替え、お洗濯等で、てんやわんやの日々を過ごしています。

今年のクリスマスは、パリに来て一番クリスマスらしくないクリスマスでした。
かれこれ10年間も旦那さんと二人で過ごしたこの日も、今年は人数が増えてにぎやか。
恒例のチキンも食べず、ケーキも焼かず、ワインも飲まず、教会のミサも行かず、
新たにやってきた小さな家族を囲み、母のつくる和食を食べて、
温かいおうちの中でひっそりと、なんでもない日々の暮らしに感謝しました。

2010/12/24

2010/12/18

誕生


12月12日、午前8時35分、
無事、ツルツルの元気いっぱいの女の子が生まれてきました。

自然の響(おと)と共生する力強い野花のように、
たくましく生きてほしいという想いを込めて、
「響花(おとは)」と名付けました。

産院に入って4時間で出産の安産でしたが、
私の問題で2日ほど退院が遅れ、やっと我が家に戻ってきました。
また"tremplapin bébé"のほうに、いつになるか分かりませんが出産日記を綴ろうと思っています。
これからもどうぞよろしくお願いいたします。

 Yui

2010/12/11

いってきます。


いろんな人からいただいた、お守りたち。
陣痛が始まりました。
この子たちを連れて、今から産院へ向かいます。
どんなお産であっても、母子ともにますます元気いっぱいでありますように。

2010/12/06

いのちに感謝


妊娠中、ホルモンの変化のせいで、いろんな症状はあったものの、

最大の敵と言われる「つわり・貧血・むくみ・太り過ぎ」は全くなく、

風邪も一度もひきませんでした。鼻水さえ出なかった。

出産予定日まで、とうとう数えるほどになった今の体重は、6kg増。

体重増加が押さえられたせいで、とにかくよく動けて、

ヨガのおかげもあって、肩こりも、運動不足にもなりませんでした。


それもこれも、私を支えてくれたのは、毎日の良質な食事のおかげだと思っています。

質素ではあるけど、できるだけオーガニックで、ほぼ無添加で、バランスのとれた食生活ができました。

毎日毎日きれいなエネルギーを、私に、赤ちゃんに、与えてくれました。


少々値段は張っても、その分、薬知らず医者知らずの、健康な体を守ってくれてる。

お肉や乳製品をほとんど摂らなくても、サプリメントにも何も頼らなくても、貧血にもならず、
お産に対しての不安もなにもなく、逆にワクワクできるほどのしっかり安定した精神状態で、
素晴らしく丈夫で元気な体でいられました。

Bioだからって、好物のチョコレートやお菓子も、たくさん食べちゃったのに。

多少へんなものを食べても、すぐに解毒してくれる体になってる。

赤ちゃんが過ごしやすい、血液のきれいな体を守ってくれました。

私が主食としていた、玄米、お野菜、お豆、少々のお魚、ごく少々のお肉、無精白の穀物、果物、

海外にいながらも身近にあるお豆腐や海藻類、大切な、おばあちゃんの手作りお味噌、梅干し...


忘れてはいけないのは、そんなありがたい食べものたちは、すべて命あるものだということ。


そして、毎日、満足できるだけの食事ができているということに、なによりの感謝。

たくさんの命をいただいて、私は新しい命を産もうとしています。

そうやって、私たちは生きています。

いろんないのちに、ありがとう。


2010/12/05

新月


満月・新月の日の出産が多いとよく聞くけど、
実はそのピークは、満月・新月の1日前と3日後だというデータがある。

新月の日に、体の中をゼロに戻す浄化の力が起こる私は、
このリズムに乗って出産するんじゃないかと前々から思ってた。

私の出産予定日は、日本式では12月9日。
今日は新月。時差があるので、日本では6日に起こる。
ということは、予定日(40週目)は、ぴったり新月の3日後...

そして、私の生まれた日も、新月の3日後。
母の生まれた日は、満月の4日後だった。
ただの偶然かもしれないけど、月のリズムに合わせて、お腹の赤ちゃんも準備してるかもしれない。
そわそわ。わくわく。

別ブログ”tremplapin bébé"に「月と出産の関係」を綴ってます。



次の新月(射手座)が起きる日時: 
日本時間 2010年12月06日 02:42〜 (ボイドタイム : 7日06:55〜08:24)
パリ時間 2010年12月05日 18:42〜 (ボイドタイム : 6日22:55〜00:24)
*ボイドタイムとは、月の働きが無効になる時間帯なので、その間の願いごとは控えてください。 

★新月が射手座にあるときに願うと実現しやすいこと
真実の追求/心の安定/旅行・自由・冒険/法律問題/忠実さ・楽観主義/解決策を見つける/過剰を克服する
(ジャン・スピラーの新月カレンダーより)

2010/12/04

雪結晶

目を覚ますと、雪がうっすら積もる屋根が見える毎朝。
とにかく寒くなってきたパリ。今朝はマイナス8℃だった。
でも、白い景色を見てると、不思議と心が温かくなる。

先日、急にオフになった旦那さんと、粉雪が舞う街へ散歩に出た。
ダウンのジッパーが閉まらないお腹のセーターの上に、
ひらひらと積もる白い雪をふと見ると、びっくり。
その小さな小さな妖精は、はっきりと雪結晶のかたちをしていた。
大きいのも、小さいのも、全部全部。花びらのよう。
ミクロの世界の六角型した美しいかたちたち。
空を見上げると、降りてくるものすべてがそうだった。
感動して、二人で子供のようにはしゃいだ。

空中に舞う雪、バイクの座席に積もった雪、葉っぱに落ちた雪、
全部おなじかたち。ギザギザの、自然から生まれた素晴らしい造形。
手のひらに乗せて、見とれていると、一瞬で解けてしまった。

道行く人たちは、そんなことにも気づかないで、極寒に震えながら早々と歩いてた。
何人の人が、この美しさに気づいてるかな〜なんて言いながら、
空を振り返り振り返り、温かい家に戻った。
写真には撮れなかったけど、この感動は、私たちの瞳に一生焼きついてる。






2010/12/02

石鹸の実


だいぶ前に、Aiちゃん夫妻からいただいた、オーガニックの"Noix de Lavage"という天然の洗剤。
赤ちゃんの肌着や布おむつ、タオルの準備のお洗濯にちょうどいい!と思って、使ってます。
インドやヒマラヤなどで、昔から石鹸代わりに使われているもので、
果皮を水に浸すと、洗剤成分サポニンが出てくるというもの。
"ソープナッツ"と呼ばれていて、日本語では"ムクロジ"にあたるそうです。

果皮の部分を乾燥させたものを、たった4〜6個を小袋に入れて、
洗濯物と一緒に40℃以上のお水で洗います。柔軟剤は必要なし!
最初は半信半疑だったけど、高温で洗えば洗うほど、
果皮から石鹸の泡が、みるみるムクムク出てきて、汚れはちゃんと落ちるし、
柔軟剤なくても、しっとり柔らかく洗い上がります。
強力なシミなどは落ちにくいので、白いもののお洗濯には、別売りの塩を入れます。
あと、もちろん無臭なので、私は好きなアロマオイルを数滴、袋に垂らして洗濯してます。

しかも、40℃での洗濯なら2度使えて、使い終わったくるみは、10分ほど鍋で煮ると、
人間の体や動物のシャンプーなどに使える石鹸水になり、
何にでも使えるお掃除用の洗剤や、食器洗いにもなって、とにかく経済的。
これから毎日布おむつを洗濯する生活が始まるので、嬉しい限り。
そして、口に入れても安全な洗剤にもなるのです。
1kgで10€くらいから売ってて、例えば4人家族で、6〜8ヶ月は使えるそう。
使い終わった実の皮を、土に埋めれば、自然に還っていくので、ゴミにもなりません。
エコロジーかつエコノミー。

先日、日本の友人チカちゃんから贈られてきた、感無量のプレゼント、
メイドインアースのオーガニックコットンの布おむつ。と、心に響いた彼女の言葉。
「本物の感触を生まれてすぐに得られるというのは大切なことなので、
 長い目で見れば決して高くないと思いました。
 時間をかけて育てられ、紡がれて作られた布を、
 未来の赤ちゃんに触れさせるのは、私ができる未来への投資です」

自然から授かった生まれたてのからだを、
柔らかな大地の温もりで包んであげようと思います。
本当にどうもありがとう。

そして、自然の恵みで、それを洗ってあげる。
お肌にもやさしいし、なにより環境にもやさしい。
敏感な赤ちゃんのお肌に、自然のやさしさが伝わりますように。

食卓の生命力

スタイリストのShinoさんにいただいた、淡いピンクの小さいバラの花束。
食卓に、穏やかな花のエネルギーがもわ〜んと溢れてて、その美しさに吸い込まれちゃう。

ごぼうの上の部分を水に浸しておいたら、ぐんぐん芽が伸びてきた!!


2日後。

4日後。わお!

街角で、いろんな球根が出回ってて、欲しいなって思ってたけど、これで充分!
食事の時間ごとに、その成長ぶりに感動し、生命の力強さを感じる日々です。

2010/11/27

一番身近なエコ


引っ越しや新居の買い物のおかげで、大量の段ボールや包装紙を消費してしまった。
資源ゴミに出すはいいけど、やっぱりあの寿命の短さは儚い。
郵便で届く書類や手紙の封筒などは、必ず一度メモ帳に使うけど、
大きな段ボールや包装紙は、狭い我が家に取っとくわけにはいかない。
これを機に、ますますこういう資源の必要性を考えた。

新居の近くにはいろんなスーパーがあって、物珍しくていろいろ探検してたら、
最近はどんなスーパーにでも、100%再生紙の"ECOLABEL"つきトイレットペーパーが並んでる。
4個で12個分の価格の"エコノミー"と、環境にやさしい"エコロジー"。

手前のは、一番肌触りがよかったBio coopのもの。後ろのは、Franprixで。
Marché Uでも、同じようなものがあった。
Bio系スーパーじゃなくても、気軽に日常に溢れてるのが嬉しい。

毎日頻繁に使うものこそ、身近にひとりひとりが気をつけられる。
小さな命がすくすく育っていく過程で、できる限りのことを、あたりまえの環境にしておきたい。
私たちの選択・行動が、彼らのお手本になっていくんだから。

2010/11/26

気まぐれ天気

何週間もずーっと降ってた雨が上がって、
今日は、雪が降った。
昨日は、虹が出てた。
先週は、雹が降り積もった。

毎日忙しい、いろんな表情の冬の空。
吐く息がもう真っ白の、すっかり氷点下の季節。
明日はどんな顔なのかな。



2010/11/22

古くて新しい仲間


新しいおうちで、ゆっくりできる時間ができてきたので、
引っ越ししたときから試してみたかった、備え付けの大きなオーブン(年代もの!)で
全粒粉のマクロビクッキー焼いてみました。
古いものなので、時間設定が壊れているものの、超パワフルで、うん、使いこなせそう!
いろいろボタンが壊れてるけど、なんとかオーブンだけは、しっかり動くみたい。
よかった。

これがガイド本。笑 古っ!
レンジは使わないからいいけど、壊れてました。

新生活


新しい家に引っ越して2週間。
掃除や片付け、買い出しなどが一段落して、やっと落ち着いてきました。

8年半住んだパリ3区から、11区での生活は、新鮮で快適で、毎日が楽しい。
家の近くに週に2回マルシェが出て、大好きなブロカントのお店が密集する場所もあり、
極めつけは、私の生活になくてはならないBioのスーパー、
いつも通うBio coop LEMOとNaturalia、おまけに家の一番近くにBio c'Bonという新しいスーパー発見!
しかも日曜も昼までやってる。なんてラッキー。
偶然にも、産院までは信号渡ってすぐだし、本当に、ここに住むために、
ぐるぐる回って導かれてきたようです。

前の家は、北マレの外れの、なんと500年も前の古い建物で、
梁の出た山小屋風の造りが大好きだったけど、とにかく暗くて寒かった。
お湯もタンク式なので限られてるし、隙間風がヒューヒュー入る。
新居は、ちょっとモダンな"古い"近代建築。
お湯も出放題、床暖房なので、冷え性の私が裸足でいられる快適な空間。

出産前の最後のお仕事が終わっていないので、まだアトリエと行き来している状態だけど、
前の家もアトリエとして少し雰囲気を変えて、イメージチェンジしてあげたら、なんだか嬉しそう。
すべてが新しいスタートです。

新しいおうちで初のアルファルファ。

部屋が温かいので、すぐにぐんぐん伸びたカイワレちゃん。

いっしょに引っ越したアボカドちゃんたちもすくすく元気。

ミナコちゃんから新居祝いにいただいたジャスミン。

2010/11/16

SOYAのBrunch


お気に入りオーガニック・ベジレストラン"SOYA"に、旦那さんと出産前に念願のブランチを。
ちょっと高めだけど、ありとあらゆるメニューが全部バイキングで食べ放題!!
前菜に、かぼちゃのスープに、野菜のグリル、いろんなサラダ、クスクス、キノア...
10種類以上あって、どれもこれも全部おいしかった。
絞りたてパイナップルジュースも!
あれ、メインのラザニア食べれるのかしら。

数種類のラザニア(もちろんベジ。でもチーズは使用。)と野菜パスタ。
小さいピザみたいなのも、おいしかった。
けど、ちょっとウッとくるくらいまで食べちゃって、
お腹の赤ちゃんが、重いよーって激しく動いてた。笑
臨月には要注意。無理に食べたら生まれちゃいそう!

ヒーヒー言いながら、がんばって食べたデザート。笑
小さいサイズがちょうどいい!
玄米茶も飲み放題でした。
希望の方はエスプレッソも込みで、この豪華なブランチは23.50ユーロ。

たぶん、女の子同士で行って、ゆっくりおしゃべりしながら食べたら、
絶対たくさん食べれないかんじ!笑
大満足でございました〜。


SOYA  - CANTINE BIO - 
20 rue de la Pierre Levée 75011 Paris
01 48 06 33 02
11:00〜15:30 18:30〜23:00
無休。月曜の夜は休業。
土曜、日曜はブランチのみ

2010/11/15

SOL EN SI -20 Bougies pour faire bouger-

       
子供エイズ撲滅運動基金団体"SOL EN SI"のチャリティーイベントに行ってきました。
キッズ・ファッションショーでは、おしゃれに着飾った子供たちが、
私の描きおろしイラスト・うさぎのロックTシャツを着て、キュートに披露してくれました。
ショーの後は、翌日から開催されるBraderieの先行販売会。
Tシャツも売れてるようで嬉しかった!

Braderieでは、いろんなブランドの子供服がずらり並んでたけど...
引っ越しで金欠の私は、ぐっとがまん。笑

私のイラストTシャツ。10歳用。

Lovisa Burfittさんを始め、同エージェントのメンバーも参加しました

参加ブランドと、スタッフ。私の名前も発見〜 わーい。

イベントの主催者Anne Valerie Hashさん、エージェントA&AのKajsa、
ステキなお話をありがとうございました。Merci!

2010/11/11

臨月


このブログを初めて、今月で2年が経ちます。
ブログを通して、人との繋がり、大切にしてること、大切だと気づいたこと、
不思議なできごと、出会いと別れ、生と死、...いろんなことがあり、
そんな中で自分の新しい部分をたくさん見つけ、できるだけありのまま、綴ってきました。

無事引っ越しを終え、新しい家族を迎える住居での新しいスタートが始まり、
そして今日、臨月を迎えました。

まだこの先も、出産までお仕事を続ける予定ですが、
新しい住居にはまだネットもなく、臨月ということもあって、
今後、更新がゆるくゆるく、そして出産後には途切れてしまうかもしれません。
予定日はまだ1ヶ月後ですが、今なにが起こってもおかしくない状態ですので、
ご報告しておきたいと思います。
妊娠初期から毎週綴っているブログtremplapin bébéのほうも同じく、
そんな状態になるかもしれませんが、どうぞこれからも、よろしくお願いいたします。

2010/11/10

SOL EN SI


パリの子供エイズ撲滅運動基金団体 "SOL EN SI"が、
20周年を記念して、"20 bougies pour faire bouger"というチャリティーイベントを行います。

Anne Valélie Hashが企画し、11日〜13日の3日間はBraderieで、
Agnès b、Baby Dior、Littele Paul & Joe、Antik Batik、 BONTON、
IKKS、Jacadi、Anne Valélie Hash Mademoiselleなどの
フランスブランドが洋服(0歳〜16歳)、アクセサリーやおもちゃ、絵本などを提供、
30%〜70%の値段で販売され、その収益の全ては、子供たちへ寄付されます。

そして私、tremplapinの描きおろしイラストのTシャツ(タンクトップ)も販売され、
10日のキッズ・ファッションショーでも、登場する予定です。

10日の18時半からは、キッズ・ファッションショー。
11日〜13日の3日間は、洋服などの販売が行われます。


SOL EN SI - fête ses 20auns avec une Grande Braderie pour Enfants -

Comptoir Général

80, Quai de Jemmapes - 75010 Paris


●キッズ・ファッションショー
 11月10日 18:30〜
●Braderie
 11月11日〜13日 10:00〜19:00 入場料 : 2 €

2010/11/09

IKEA!


先週、新しい住居に必要な家具を探しに、IKEAに行ってきました。
IKEAは、大人のディズニーランド!笑
行きは、RERとバスを乗り継いで行ったんだけど、
まさに"紅葉"というアトラクションに乗ってるみたいで、窓から見える木々、
遠くの景色の緑・黄色・赤・茶色のグラデーションが、本当に素晴らしかった。

まず向かったのは、隣にあるCentre Commercial内のPetit Bateauのアウトレット!
日頃、旦那さんと一緒に赤ちゃんの洋服を見る時間がないので、
この日は張り切って二人で選んで、かわいいのを調達しました。
そしてIKEAで、まず腹ごしらえ。

最近はBioのメニューがあって、私はほうれん草のパンケーキとBioのパン。
うん、まあ。奥に見える、ジャンクメニューよりは、いいでしょう。
デザートは、ここに来たら必ず食べる、大好きなDaimのケーキ!
この安っぽくて甘ーいのがおいしい。笑 しかし穀物ばっかり...

Noël時期のIKEAは、本当に楽しい!

お土産に買ったもろもろ。
クランベリーとお花のジュース、りんごジュースはBioでした。

先日、助産婦さんに「歩きすぎ」と言われた身なのに、
6時間くらい一生懸命ショッピングしてしまった。
新居に置くテーブル、赤ちゃん用のタンス、絨毯とか、いろいろ揃えて、
さあ、Livraison(配達)をお願いしようと思ってると、
「60ユーロで、今すぐおうちまで届けてあげるよ」と、ちょっと怪しげなアラブ人が声をかけてきた。
同じ値段でIKEAで翌日配達を頼んで、その上、あまりに疲れてたので、
帰りはタクシーに乗ろうと考えてたから、ステキな話!(そしたら100ユーロ以上はかかった)
噂には聞いてたけど、こんな人たちがいるのね〜。

ボロいトラックに、詰め込んで、ホコリっぽい座席に座って、
「なんか、モロッコ来たみたい」と思って話していると、なんと、そのおっちゃんはモロッコ人!
親切に、アパートの部屋まで、重ーい荷物を全部運んでくれた。
IKEAのサービスより、断然いい!

帰りのトラックの中では、もう日は落ちてて、"夕暮れ"っていうアトラクションに乗ってるみたい。
夕陽に、紅葉が透けて、キラキラ、金色の景色。
なんだか久しぶりの遠出で、行き帰りの窓からの景色だけでも、満足できた一日。
お腹が重くて疲れ果てたけど、本当に楽しいディズニーランドの旅のようでした。

そして、引っ越しも無事終わりました。
車を出してくれたU、手伝ってくれたTくん、どうもありがとう!
おかげさまで、快適な新生活がスタートしました。
でも、前の住居に帰ると、生活感がなくなって、ガランとして抜け殻のような寂しい空気。
8年半も、私たちの生活を守ってくれた、大事な場所。
思い出がいっぱい詰まった、私たちを育ててくれた場所。
これから、二人の大切なアトリエとして、また新しく息を吹き込んであげようと思います。