2010/09/30

やくわり

パリコレが始まって、我が家もまわりも友達も、バタバタと慌ただしい時期です。
直前に、旦那さんが風邪をひいて扁桃腺が腫れてしまい、
ホメオパシーの風邪薬と扁桃腺のレメディを摂ったら、夜のうちに解毒したようす。
でも、治りかけの体で、また大忙し&突然の寒さ&寝不足で、またぶり返し、
ショー前日に、とうとう市販の鎮痛解熱剤を飲んだら、数時間もしないうちにピタっと治ってしまった。
「こんなにすぐに治る薬って、怖いねー」と話しながら、
ファッションウィークが終わったら、ゆっくり体をいたわってあげることを約束した。
時間がないときは、しょうがないのです。

そんなときは、毎日できるだけ、質素でも体にやさしいご飯を作って、
温かいおうちを保っておくことを 心がけるように。と意識が変わったのはここ最近。
1年前のこの時期、ファッションウィークを挟んで、私は1ヶ月に4つもの展示会が立て込んでいて、
家の中は、「食べ物がない!服が洗濯されてない!部屋がぐちゃぐちゃ!」
そんな慌ただしさの中、自分の活躍や夢も大事だけど、
それと引き換えに、一番大切なものを見失ってはいけないと気づいたのでした。
その気づきを得たときに、赤ちゃんが降りてきたのも不思議なできごと。
女に生まれてきて、私に与えられた本当の役割とはなにか、やっと分かってきました。

急な仕事が入って、せっかく作った食事がいらなくなることにも、腹を立てないように!
しなきゃね...

2010/09/29

スイートポテト


お仕事が一段落しても、やっぱり作ることが好きなので、
料理やらお菓子やら、空いてる時間さえあれば何か作ってしまう。

さつまいもが1本あったので、久しぶりにバターと卵を使って、スイートポテト!
最近はずっとマクロビスイーツしか作ってなかったけど、たまには。
おいもを練ってるとき、前日カレーを作ったときの木べらにカレーの匂いが残ってて、
ほんのりスパイシーな匂いがぷ〜ん。笑 
焦ったけど、ラム酒を入れたら大丈夫になった! 絶品でした。

2010/09/25

金色の秋









パリはすっかり秋色で、落葉がひらひらと舞って、黄金に輝く季節。
日差しは強いけど、気温は低いので、街ゆく人たちの格好はさまざま。
すでにダウンを着てる人、まだノースリーブの人、
ムートンブーツを履いてる人、素足にサンダルの人...

植物と同じく、ちょっと前から体がカサカサ乾燥してきた。
我が家では最近はボディーソープでなく、石鹸で体を洗ってるのですが、
乾燥肌用に、今回はWELEDAのカレンデュラ石鹸に変えてみました
きめ細かくて、しっとり滑らかで、なかなかよいです。

それと、これからの時期に絶対必要、
長年愛用してるDr.Hauschkaのハンドクリーム。
お肌につけるものたちも、そろそろ衣替え。

Sésame

お腹の重さとホルモン関係のせいで、最近はデスクワークやパソコンの前で仕事をしてると、
もうひどい腰痛になってしまい、今までのように長時間座って仕事ができない...
家でのお仕事の量を控えて、スローペースに。
なるべく毎日買い物や用事やらで、散歩を兼ねて運動するようにしてます。

ファッションウィークという嵐の前の静けさの中、街中がストで混雑する中、
満月と、雨が降る前の圧迫したむんむんする空気の中、
ご近所のはなえちゃんと、『パリの歩き方』でも紹介させてもらった、
サンマルタン運河沿いにあるカフェ"Sésame"で、おしゃべり炸裂大笑い。あー、すっきり。

最近は、人とお茶したり、おいしいもの食べたりと、
なんだかちょっと自分を甘やかして、くいしん坊ブログみたいになってるけど、
来週からのファッションウィークに続いて、11月に引っ越し。その後、出産。
今はまだまだ動き回れるし、遊べるのも、仕事できるのも、今のうち!

ここのスムージーが本当はおいしいんだけど、今回はChocolat frappé♪

Sésame
51 Quai de valmy 75010 Paris
01 42 49 03 21
8:00〜24:00 月曜休
お店が紹介されてる記事→こちら

2010/09/23

Patisserie Viennoise


サンジェルマンでの用事ついでに、私のかわいいパリの妹Aiちゃんと、
オデオンにあるウィーン菓子屋さん"Patisserie Viennoise"で、昼下がりおやつタイム。
Rose Bakeryのシェフ(就任されたそう!)アスカさんのおすすめ店で、一度来たかったとこ!

Aiちゃんは、アップルシュトゥルーデル。私は...チョコこってりオペラ。笑


お値段もかなりお手頃で、大満足。
すっごくおいしかったけど、1週間分くらいのチョコレートを食べてしまった!
日頃から、あまりにこってり糖分は避けてるので、帰り道からボーッとしてちょっと頭痛。笑
敏感な時期だし、言わんこっちゃない。でもまたいろいろ食べに行きたいな〜。
寒ーくなったら、自家製Chocolat chaudをふらっと飲みに行きたい!

Patisserie Viennoise
8 rue de l'Ecole de Médecine 75006 Paris
01 43 26 60 48
営業:9:00〜19:00 定休日:土・日・祝
お店が紹介されてる記事→こちら

2010/09/21

マクロビおやつ


妊娠後期に入り、毎日甘いものがとにかく欲しくなる。
この時期の胎児の成長にはブドウ糖が必要のようで、
私の体で作られたブドウ糖が胎児に優先的に吸収されるため、そうなるらしいです。

外出時には、ごってりした甘いものに目がくらんで、買ってしまうことが多いので、
おうちでのおやつは以前よりももっと意識して、ヘルシーに。
バターやお砂糖を使ったお菓子は、最近はほとんど作らず、お砂糖なしのマクロビおやつばかり。
無糖蒸しパン作っておいて、メープルシロップつけて食べたりが、お気に入り。

だって本当に、ちょくちょくちょくちょくお腹がすくんだもん。
玄米と野菜を中心の食事をしっかり食べても、夕方と夜中にぐるる~。
私だけじゃなくて、お腹の中でも、小さな食いしん坊が活発に動いてるから。
なんだか、まめにエネルギーを必要としてるように感じる。

実は、妊娠8ヶ月目にして、まだ2kgしか体重が増えてない私。
赤ちゃんと羊水合わせて、約2kgなのに
これを機に、これから急激に増えるのかな。

ココアとさつまいもで、お砂糖なしブラウニー。

全粒粉とオートミールとレーズンのクッキー。

友達との食事会で作ってった、タピオカ抹茶豆乳ココナッツミルク。
自家製あんこ入り!

2010/09/18

R MAGAZINE n°12


"R MAGAZINE" n°12に、tremplapinのイラストが掲載されています。
テーマが «EARTH»ということで、森の写真といっしょにイメージを作らせていただきました。
実は、表紙をはじめ、中の"precious EARTH"というストーリーのヘアーを、
ヘアーアーティストである私の旦那さんYusuke TANIGUCHI(谷口佑輔)が担当しています。
久しぶりの雑誌共演。笑
苔を使ったヘアーや、羽根のウィッグ作品など、HP(www.r-lemagazine.com)でもご覧になれます。

私のは1ページだけですが。

左が旦那さん作ウィッグ。

今年最後のきゅうり


マルシェできゅうりが安かったので、きゅうりとキノアのサラダ。
ひじきとカイワレ、レンズ豆入り。
でも、やっぱりもう寒いなぁ...
きっと今年最後のきゅうり。また来年ね。

2010/09/17

秋晴れ


パリはすっかり秋の匂い。
空を見上げると、ひつじ雲がもこもこ広がって、運動会を思い出すような天気。

マルシェに行ったあと、パリの歩き方でもご紹介した"CAFE SUEDOIS"へ、
エッフェル塔の中で働くパティシエのMさんと、美容師のAさんと一緒に、軽くランチ。

本日のお野菜スープ。

デザートにみんなでキャロットケーキ。

用事ついでに、マレのRue des Rosiersのユダヤ系パン屋さん"KORCARZ"で、
最近発見したおいしいチーズケーキを買って、おうちで旦那さんとティータイム。

これが、甘過ぎなくて、本当においしー!!
あれ?さっきケーキ食べなかったっけ?

2010/09/15

たまには。


最近ハマってる手づくりピザ。
前はちゃんと発酵させて作ってたけど、ベーキングパウダーで作る方法見つけて、
和食に飽きたとき、おもいつきでピザ生地作ってすぐ食べれるからいい!
そういえば、全然パンづくりしてないな〜
いつもオイルヒーターの上で発酵させてたから...冬になったらまた始めよう。
でも、パンは食べ過ぎると、なんか体が、腸が、変なかんじになる。

Du Pain et Des IdéesのPain des amisが残っちゃったので、
バナナ入り豆乳パンプディング♪

2010/09/13

『パリの歩き方』


9月9日に発売されたパリのガイドブック、『パリの歩き方』に、
パリ在住ナビゲーターのお散歩コースとして、オーガニックなお店を中心に、
私のお気に入りのカフェやショップなど、3ページを紹介させていただきました。
本屋さんを通ることがありましたら、ちらっと覗いてみてください。
パリにご旅行計画中の方は、是非これを持って遊びにいらしてください。
あ、写真は妊娠3ヶ月の頃なので、お腹はまだ出てません!



『パリの歩き方』2011-2012(地球の歩き方MOOK) 
  9月9日発売 
 ¥1,100(税込)
 出版:ダイヤモンド社

2010/09/10

秋ごはん


大好物のかぼちゃ(緑の皮のPotimarron)が、今年も並び始めた!
まだちょっと高いので、小ぶりなのを選んで、ことこと煮物。
Mさんにいただいた、手づくり納豆と、
同じく自家製Bio干し椎茸でダシをとった白菜のお味噌汁。
体が温まる、ほくほくおいしい秋の始まり。

さつまいもの雑穀玄米ご飯。

寒くなってきて、おいしくなるほうれん草でポタージュ。
野菜たっぷり豆腐ハンバーグの残りでランチ。


デザートは最近はもっぱらブドウ。Bioの小粒のが、ほんとにおいしい。

健康の選択 2



以前書いた、『健康の選択』という記事の続きになりますが。

日本では、なんだか狙い通りのように、ホメオパシーに圧力がかかってます。
ある新聞社の記事がやたら多いのも気になります。
確かに、日本でのホメオパシーのあり方はしょうがないのかもしれない。
" 特殊 "なものにとらえられ過ぎてる。
特殊な人(ホメオパス)が、特殊な場所(提携クリニック)で、
特殊な値段(かなり高い)で、特殊な薬(レメディ)を処方する、というイメージ。
それは宗教だと言われても、おかしくない気がする。
日本では、オーガニック食品でさえ、宗教がかったものに見られると聞いて驚きました。

日本ホメオパシー医学協会の由井寅子さんの言葉には、
深く共感する部分が本当にたくさんありますが、私は書籍を愛読させていただいてるだけで、
協会に携わったことがないので、実際の方針についてはよく分かりません。

ヨーロッパでは200年以上の歴史があり、
普通の一般医の先生がホメオパスである場合が多く、
診察料も変わらないし、その上、保険も適用される。
「ホメオパシーと普通の薬、どっちにする?両方?」というかんじ。
薬局でも処方箋なしでレメディが、日本の倍の量を4分の1の値段で買えるし、
ヨガや、ヒーリング療法、ハーブ療法などは、針治療やマッサージと同じように
生活の中に溶け込んで、健康療法として生きています。
こちらの幼稚園や小学校の保健室でも、先生がホメオパシーを渡すことは多いし、
親も当たり前のように知ってるから、問題にはなりません。
風邪をひいて喉が痛いときに、「ネギを巻いときなさい」というのと同じです。
ホメオパスでない医師だって、妊婦や赤ちゃんにはホメオパシーを処方したりもします。
ホメオパシーと普通のアロパシーの鎮痛剤を一緒に出したりもします。

ドイツでは保険から外されたらしいし、イギリスでも検討中らしいですが、
もちろん、効かないこともあります。
ホメオパシーは、約3000種類もあって、精神的なことやトラウマ、病状などによって、
ぴったり当てはまらないと、ヒットしません。漢方薬も同じでしょうか
現代医学のように、即効性のある強い薬で押さえつけるのではなく、
ゆっくり自分の体と向き合いながら、長い時間をかけて治していくものであり、
その過程も、私は大切だな、と思ったりもしています。
はやく効かないと意味がない薬しか、現代社会では必要とされないのでしょう。

ヨーロッパでは、「おばあちゃんの知恵薬」的な、生まれた時から身近にあるものですが、
日本では、「これさえ信じれば必ず治る」的な、
やはり少し宗教だと捉えられてしまってもおかしくないやり方で、広まっている気がしてきました。
私もこの一件で、こちらと日本とのあり方の大きな違いを感じ、少し考え直しました。

食生活で、私はマクロビオティックの教えにはとても共感していますが、
完全にやっているわけでなく、自分のいいバランスで取り込んでいるだけです。
オーガニック100%な生活も、ほとんど不可能だと思います。
ホメオパシーを初めとした自然療法も、今の生活ではそれだけを使って健康体ですが、
いざという時、特に出産の時は、出来る限り自然出産を希望していますが、どうなるか分かりません。

日本はどうして、なにごとにも、お金の匂いがぷんぷんするんだろう。
ビジネスになりそうな海外の文化だけは取り入れて、それ以外は、叩きつぶす。
確かに、今問題になってるホメオパシーの一番の問題は、
「効かないから」ということに摺り替えられていますが、
本来は「他人を巻き込まない程度にしなさい」ということです。
それは、他人の命がかかっているから。
それは患者本人が決めることであって、人それぞれの健康の選択は、自由であっていいと思います。

2010/09/08

新月


ちょうど1年前、ラマダン中のモロッコに行った。
今回の新月は、今年のラマダンが明ける日。
妊娠してから、体調がいつもと違い、最近はやけにお腹がすく。
特に甘いものを欲して、低糖や無糖のおやつを作ったり、フルーツ類を常備してる。

手の届くところに、食べるものが、たくさんある。
それが「とてもありがたいこと」と思うとき、よくラマダンを思い出す。
" 断食をすることで、豊かな人々も空腹感を知り、貧しい人々のつらい思いを共有する。"
妊娠中は断食はもちろんしないらしいし、私はムスリムでもなんでもないけど、
あたりまえに食べ物があるということに麻痺しないように、
お腹の赤ちゃんに、食べもののありがたさ、伝えながら、
命を守るために、命あるものをいただくということに感謝して、この子の分もいただこう思う。



次の新月(乙女座)が起きる日時: 
日本時間 2010年09月08日 19:28〜 (ボイドタイム : 9日18:02〜18:04)
パリ時間 2010年09月08日 12:28〜 (ボイドタイム : 9日11:02〜11:04)
*ボイドタイムとは、月の働きが無効になる時間帯なので、その間の願いごとは控えてください。

★新月が乙女座にあるときに願うと実現しやすいこと
体の健康/食生活・運動/仕事・ライフワーク/眼識/助けてあげること/秩序/リラックス/完ぺき主義
(ジャン・スピラーの新月カレンダーより)

2010/09/05

Du Pain et Des Idées

「あ!あそこのパンね!」と言われるくらい有名なパン屋さん、"Du Pain et Des Idées"。
ずーっと前からよく前を通ってたのに、こんなにおいしいなんて、最近まで知らなかった!
お店に一歩入ると、どれもこれも食べたくなっちゃう!

まず目が行くのは、色とりどりのヴィエノワズリー。

ありそうでない、バナナ入りパンオショコラ!

訳して"友達パン"!これ初めて食べたとき、硬くて香ばしくて、感動した。
食卓で、友達とわいわいおしゃべりしながら、勝手にちぎって、いただきたいパン。

右手前に並ぶ、fleur d'oranger(オレンジ花水)の香りのブリオッシュ、ものすごーくおいしいです。

タルト系も気になる。フルーツはBioみたい。


おうちに買って帰ったescargot。ピンクがプラリネ、緑がピスタチオ。
レモンのもおいしそうだった〜
サックサクのうずまきと、ねっちり甘いのがおいしくて、あっというまにぺろりでした。

Du Pain et des Idées
34 rue Yves Toudic 75010 Paris
tel : 01 42 40 44 52
月〜金曜 6:45〜20:00(土、日、祝日休)

新学期


すっかり街中が新学期。
でも、日本のように桜の舞う晴れ晴れしいかんじじゃなくて、
バカンス明けで、これから寒くなる〜っていうこっちのスタートって、なんか寂しい。
新学期っていっても、私たちには関係なし。
なーんかお仕事で煮詰まったので、天気がいい日に、
オフの旦那さんとてくてく歩いて、サンマルタン運河へ。
Du Pain et Des Idéesでパンを買って、運河沿いでひなたぼっこした。
家でずっと絵を描いてると、お日さまのパワーが欲しくなる。
私の作業場は特に日当りがあまりよくないので、最近充電したくてうずうずしてた。
日焼けも気にせずに、おもいっきり全身にエネルギーを浴びて、元気をもらった。
疲れ気味だったお目目の小さな細胞の隅々まで、じわじわ流れてくのを感じた。
お日さま、ありがとう!

カモちゃん親子もひなたぼっこ♪